「湘南江ノ猫」in 平塚 花菜ガーデン

湘南江ノ猫 パッケージ 猫 イラスト

湘南江ノ猫 パッケージ 猫 イラストレーター 森俊憲

パッケージの猫のイラストを描かせてもらった猫のクッキー『湘南江ノ猫』を平塚の花菜(かな)ガーデンの土産物店で見つけたと友達のN君(湘南在住)が写真を送ってくれました。
売れてます!」と看板も出てるので売れてるのでしょう。(笑)
湘南江ノ猫」の方は江ノ電さんが駅のポスターや車内吊り広告で宣伝してくれているらしく売れているのですが
もう一つの姉妹品『伊豆のととねこ』の方はどうなのかな。
味も違うし、「湘南江ノ猫」と一緒に並べて売ってくれても良いのになーと思いますが。僕のような地理音痴からすると湘南も伊豆もそんなに違わないのですが・・。(笑)

伊豆方面鎌倉方面へ行かれる方はおみやげにぜひ!もし「伊豆のととねこ」見つけたら教えて下さい。
[ 2017/05/21 11:31 ] ★イラスト 猫のイラスト | TB(0) | CM(0)

自転車のハンドル交換。

ルイガノ TRX-2 自転車 ハンドル交換

連休の中の半日を使ってやり残していた自転車のタイヤ交換とハンドル交換をやりました。
全体を水洗いして後ろのタイヤを交換。タイヤは高いので前はそのまま(笑)
ハンドルのグリップのゴムがすり切れて中の芯が露出してきたので、そろそろグリップを交換しないといけなくなっていたのですが、延ばし延ばしになっていたのです。
今回はグリップ交換のついでに、まっすぐなハンドルを少し高さがあって手前に曲がったタイプに取り替えました。
ポジションが大分楽になりました。そしてグリップは両端に牛の角のような物が付いた、平らな面を持つグリップに変更。上がハンドル完成写真です。クリックで拡大します。
ちなみに前の方にある小さなバッグはカメラ入れです。

このグリップはなかなかの優れもので牛の角を持つと坂道などで足に力が入りやすくなります。平らな部分は手のひらを置けるようになっていて長距離でも疲れません。ハンドル全体の重量は重くなったのですが、その分ハンドル操作が滑らかで、前よりスムーズに走れるようになりました。よしよし(笑)

下が愛車ルイガノTRX-2です。クリックで拡大します。
オンとオフ両方はしれるようなタイプ。ボディはオンロードタイプですが、フロントフォーク付きでタイヤは凸凹のあるオフロードタイプ。バイクも車もそんなのが好きなんですが、これは性格かな。まあ良い道を走ったり砂利道や農道を走ったりするので使い道からしてもこんなタイプがいいのですが・・。

ルイガノ TRX-2 自転車
[ 2017/05/07 02:00 ] ◎その他いろいろ | TB(0) | CM(0)

サフラン酒本舗のゴールデンウィーク初日。

サフラン酒 長岡市 離れ 摂田屋 桜 本舗

ゴールデンウィーク初日の29日、サフラン酒が公開されるというので見に行ってきました。
昼前のせいかお客さんはまばらでゆっくり庭を散策、相変わらず素晴らしい庭です。
椿も桜もそろそろ終わり、黄緑の新芽とヒメオドリコソウ?がびっしり生えて緑の絨毯になってます。
中に一本、桜じゃないのかもしれませんがピンクの花をつけている小さな木(ハナカイドウらしい)。
花は桜なんだけど葉っぱと木の表面が桜じゃない。写真に撮りました。クリックで拡大します。

それから、離れの龍と鯉の鬼瓦がすごかったので写真に撮りました。
拡大した物を見て下さい。迫力のある鬼瓦です。写真はクリックで拡大します。

サフラン酒 鬼瓦 長岡市 摂田屋 離れ

サフラン酒 鬼瓦 長岡市 摂田屋 離れ 拡大1

サフラン酒本舗 新潟県 観光 長岡市 摂田屋 拡大2 鬼瓦


[ 2017/04/30 11:53 ] ★写真 サフラン酒本舗 | TB(0) | CM(0)

森俊憲第一回個展|かげろうの町|レポートその5

レポートその5です。
グッズもいろいろ持って行ったのですが、ほとんど初日に売れてしまい2日目からの人には申し訳ない事をしました。
もう少しちゃんと用意して送らないとダメですねー。

下の写真は販売用のイラストシートです。写真はクリックで拡大します。B4サイズでクリアパックの中にダンボール板をしいてパックしています。立てているのは古木里庫の備品で。ピッタリのがあったのをお借りしました。

もりとしのり 個展 イラスト かげろうの町 グッズ販売

下の写真はポストカードカレンダーブローチしおりなどを展示した台(木の火鉢)です。写真はクリックで拡大します。

もりとしのり イラストレーター グッズ展示 カレンダー 個展

下の写真はパッケージのイラストを担当した猫の形のクッキー『湘南江ノ猫』と『伊豆のととねこ』の展示です。50個ほど購入してこちらで販売しました。写真はクリックで拡大します。絵に興味が無いお客さんや子供さんが喜んでくるかなと。人にあげるのか、まとめて買ってくれるお客さんが多かったですね。

湘南江ノ猫 伊豆のととねこ もりとしのり 森俊憲

2階のスペースではこれまで手がけた「おもちゃやキャラクターデザイン」などをパネルと現物で展示しました。別の空間になっているのでサブの展示などに使えます。2階はお客さんの休憩スペースにも利用しました。

古木里庫 2階 展示 ギャラリー 格安

会場のいろんな所に飾ったレモンは、レモン農家をやっている同級生が「飾りなよ」と持ってきてくれた物です。いい匂いがして、ポイントポイントに置くと絵になります。個展が終わった後家に持って帰りましたが日持ち良くて、切るとすごくジューシー。仁尾のレモン良いですねー。

仁尾 レモン ロロロッサ 個展 森俊憲

以上、森俊憲第一回個展『かげろうの町』のレポートでした。
また仁尾の町をバックにしたイラストを描いて何枚かできあがる頃に2回目をやれればと思います。
お世話になった皆さん、来てくれた皆さん、お買い上げいただいた皆さん、ありがとうございました。

それから古木里庫スタッフの浪越さん、西山さん、矢野さん、お世話になりました。
またいつか、よろしくお願い致します。ありがとうございました。
[ 2017/04/26 23:25 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(0)

森俊憲第一回個展|かげろうの町|レポートその4

大山功一 島川千秋 森俊憲個展

古木里庫のギャラリー内部はこんな感じです。クリックで拡大します。
古材のいっぱい詰まった大きな倉庫の一部に、これまた古材で作ったギャラリースペースが入れ子になっている感じ。
奥に見えるのが入り口です。右で会計をしているのは手伝いにきてくれた弟です。
手前の2人は、なんと東京から駆けつけた(朝5時に起きて飛行機でやってきた)島川君と大山君。2人は以前勤めていたおもちゃのデザイン会社の同僚です。今でもいろいろと付き合いのある2人。会場で目にしたときは一瞬自分が今どこに入るのかわからなくなりました(笑)寝不足だったしね。
2人はその後別々に四国を楽しんで帰って行きました。

それから専門学校時代の友人(今は地元の高松でデザイナーやってます)が、仁尾出身の若いデザイナー!(家の近所の人だった)を連れて高松から来てくれました。
もちろん地元の中学や高校の同窓生や担任の先生、同窓生のお母さんなんかも来てくれました。お母さんとかはもう何年ぶりという感じです。それから小学校の担任の先生も来てくれました。それこそ会うのは小学校以来です。「森君変わったわね」とか言われて。(笑)

後は親類関係。もうずいぶん会ってなかった従兄弟とか。年賀状でしか知らなかった人とか。故郷でやる個展というのはそういう意味では、人とのつながりをもう一度つなぎ直すみたいな効果がありますね。

下の写真はグッズショップのポストカード立て(手作りです)と向こうは「たびねこ」額の展示コーナー。
写真はクリックで拡大します。
もりとしのり 個展 ポストカード

下の写真はたびねこのコーナーです。上の4枚が今回の為に描いた仁尾の風景です。額は地元新潟産の桐の木を焼いた枠を使った物で、古びた感じがここの古い柱となじんでました。下にあるのは「たびねこ」達をプリントしてダンボール板に貼って切り抜いたパネルです。雰囲気づくりに結構役立ちました。次回はこれをたくさん並べたい(笑)

もりとしのり 個展 たびねこ かげろうの町 桐の額

下の写真は2階から見た1階の会場。良い家具や薪ストーブなどがあります。左が持って行ったブリキのロボットたち。写真はクリックで拡大します。

もりとしのり 個展 古木里庫 ブリキロボット

下の写真は今回一点だけ展示したむかーし作った3DCGのロボットのイラストです。結構でかい額は自作です。レッドシダー材の表面に蜜蝋ワックスを塗った物です。古くさいロボットに似合ってました。描く物がロボットから猫に、いつの間にか変わってきましたね。

もりとしのり ロボット イラスト 旅人ロボット
[ 2017/04/25 22:56 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(0)