森俊憲第一回個展|かげろうの町|レモン 製作中です。ーその3

森俊憲 第一回個展 古木里庫 たびねこ かげろうの町 レモン 

先日から描いている、たびねこ番外編かげろうの町|レモンが完成しました。レモン畑のマルとクロと僕(昔の)※イラストはクリックで拡大します。

結構高い山からの眺望なんですがそうは見えないなー(笑)真ん中に見えているのはため池です。レモンの木を通して山の上から見える池と海と島。良いですねー(笑)

もともとこの辺は、みかんの産地として有名な所で、温暖で日当りの良い気候(日照時間が日本で一番長い)がおいしいみかんを育てます。最近はレモンにも力を入れていてレモン畑も増えているようです。マーマレードや蜂蜜漬けなどレモンを使った食品のおしゃれなお店ができたりしてレモンの町としても知られて来ているようです。

下の1枚は別案です。レモンの木がきれいに見えるように背景を白っぽい色で塗ってみました。イラストとしてはこっちの方が軽い感じでおしゃれかな。※クリックで拡大します。

イラストレーター 森俊憲 たびねこ シリーズ レモン かげろうの町 個展

森俊憲第一回個展|かげろうの町|レモン 製作中です。ーその2

森俊憲第一回個展 かげろうの町 レモン 製作中-2

森俊憲第一回個展かげろうの町レモン 
現在製作途中の1枚です。
レモンの木を描く前にクロマル、それからレモン運搬用のモノレールを描きました。
この山の運搬用モノレールは今も使われているかどうかは不明です。先日言った時は畑に残っていたのでまだ使われているかも。
畑は結構山の上の方にある為車が入れなかったりするのでこういう物で運びます。

中学卒業の頃に、友達の家でみかんの収穫のアルバイトをした事があるのですが、その時にこれでみかんを運んでいました。自分も乗ったような記憶があるのですが定かではない(笑)。

さあ、これから下まで行くぞという時にふとみるとクロとマルが期待の目で見てる・・。

さて、今度は本当にレモンの木を描かなくちゃ。ああ、面倒だな〜。

森俊憲第一回個展|かげろうの町|レモン 製作中です。ーその1

森俊憲第一回個展 古木里庫 仁尾町 レモン畑 イラスト イラストレーター


まだ絵はできてないのですが、制作途中の3枚目は曽保地区の山の上から見た風景
これから少年の後ろにレモンの木を描かなくてはならないのですが、さて、どういう風に描くか思案中です。

正月に帰省した時に山の上の方まで歩いて撮影してきました。みかんレモンビワの果樹園が山の斜面にあって、見下ろすと曽保の町と海が見えます。ここは本当に良い所ですねー。

会場になる古木里庫さんのHPに個展の案内が載りました。
こちらです。

後1カ月なんですね〜、時間が経つのが早い(笑)
さて、レモンの木でも仕上げるかな。

森 俊憲 第一回個展 「かげろうの町」ポスター

森俊憲 個展 かげろうの町 仁尾町 こきりこ 古木里庫 イラストレーター 三豊市 ポスター

4月の個展「かげろうの町」のポスター作りました。
画像はクリックで拡大します。
作品制作は遅々として進んでおりませんが(笑)なんとか新作を4枚出展したいと思います。

ポスターは同窓生のK君が町のいろいろな所に張り出しを頼んでくれるそうです。ありがたいです。
今年のお正月には還暦同窓会があって、久しぶりに小中の同級生と会いました。みんな外見はそれなりに変わっているけど(笑)中身はほとんど変わってないですね。

故郷という土地からも人からもエネルギーをもらって帰ってきました。

たびねこ故郷編『かげろうの町』サ・ク・ラ

たびねこ 猫 イラスト 香川県 故郷 桜 犬 少年 縦

 4月15日〜18日に故郷の香川県三豊市仁尾町『古木里庫』で開催予定の第一回個展用イラストの第2弾です。
町の中央に『八紘山』という、小さな山があります。かつてはここに城があったらしいですが今はありません。
頂上に出ると東側は山で、西側は瀬戸内海の島(蔦島と小蔦)と仁尾町の街並みが見えます。
この絵の桜ほど大きくはないのですが何本か桜の木があって、桜シーズンには花見でにぎわいます。
そんな所をモチーフに桜の木に登ってなぜか泣いている少年と猫と犬を描きました。

下が絵の全体像です。絵をクリックすると拡大します。

たびねこ 猫 イラスト 香川県 故郷 桜 犬 少年 横

2017年度のたびねこカレンダー、できました。

猫のカレンダー イラスト 2017年  かわいい たびねこ 表紙

猫のカレンダー イラスト 2017年  かわいい たびねこ 11月


ニャンフェス4ではたくさんの方にお買い上げいただき、ありがとうございました。
さて、このたび2017年度版のたびねこカレンダーが完成致しました。今回のカレンダーは日付の部分を大きくして、より使いやすいカレンダーになっています。サイズはB5縦長サイズ(18センチ×26センチ)です。
上部の穴にピンを刺すと壁掛けカレンダーとしてお使いいただけます。

ダンボールの台紙に紙のストッパーで毎月のイラストと表紙の13枚のシートが綴じてあります。絵柄は以下の12枚です。販売中のたびねこポストカード四季Bセットのものと同じです。使用している紙は書籍用などで使われる薄手の紙で『A-プラン』という紙です。発色が良い紙です。

猫のカレンダー イラスト 2017年  かわいい たびねこ 一覧

ストッパーはファイバー(硬い紙)でできていますのでそのまま燃えるゴミに出すことができます。
月が変わる時はこれをはずしてシートを入れ替える仕組みです。終わった月のシートは引き抜いても良いんですが、紙が破れます(笑)

また、付属のダンボールのスタンドを組立てて、カレンダーを立てると卓上カレンダーとしても使えます。スタンドは発送時の保護板を兼ねているのでちょっと巨大です(笑)

このカレンダーはminnneのお店でご購入いただけます。

猫のカレンダー イラスト 2017年  かわいい たびねこ 卓上カレンダー

フランスの方のブログにポストカードを紹介していただきました。

ポストクロッシング フランス たびねこポストカード 販売 Etsy

フランスのブロガーの方に、ポストクロッシングのブログmolaire-et-tentaculesで「たびねこポストカード」を紹介してもらいました。
ポストクロッシングって知らなかったのですが、以前ポストカードを買ってもらった人から、たびねこは日本の風景が入っているのでポストクロッシングに向いているのでは、と言われたことがありました。
調べてみたら、5枚ポストカードを誰か(システムでランダムに選ばれる?)に出すと世界の知らない人から5枚のポストカードが自分のポストに届く(英語の説明だし、実際にやってないので正確にはわかりませんが)らしいです。
世界のポストカードが楽しめるというシステムのようですね。

まあ、いろいろやってて、これ以上また何かに頭を突っ込むと墓穴を掘りそうなのでやっていません(笑)
興味のある方はやってみて下さい。こちらで詳しくでています。

たびねこ|JapaneseDesignサイトに紹介されました。

japanesedesign 日本 紹介 海外 サイト デザイン イラスト

ポーランドのグラフィックデザイナー Magdalena Dymańskaさんが主催している日本のデザインを紹介するサイト『Japan Design」に「たびねこ」を紹介していただきました。
シンプルできれいなサイトで、日本のいろいろなデザインやイラスト、建築などが紹介されています。
ポーランドというのがどういう国なのか僕はよく知らないのですが、国が違ってもデザインという価値感においては何の違いもないと思いました。翻訳ソフトを使って怪しい英語でメールしてもこちらのことも理解してもらえます。
日本の四季をイラストにした『たびねこ』がポーランドの人に気に入ってもらえたということがとても嬉しかったです。

たびねこアートフレームが楽天、yahoo、Amazonで販売。

絵画生活 たびねこ 猫 イラスト アートフレーム 額 通販 

ネットの店舗でアートフレームを販売している『絵画生活』様で「たびねこ』のイラストフレームを取扱っていただけることになりました。
どんな額になるのか楽しみだったのですが、木目を残したアイボリーホワイト塗装の額でなかなか素敵な額です。

サイズはB4とA3の2種類です。
B4の額は小ぶりでジャマにならず、プレゼントなどに良いサイズです。
猫好きの人には喜ばれるのではないかと思います。
お店は以下の3カ所です。クリックで移動します。
◎Yahooショッピング

◎楽天市場

◎Amazon

猫のカレンダーイラスト-たびねこ8月-夏の堤防

猫 イラスト イラストレーター 8月 カレンダー 海 風景 検索

たびねこカレンダー用イラスト8月用。クリックで拡大します。
元になっているのは新潟県の西の方、筒石という所の漁港です。長い屋根は漁協の倉庫の屋根。
ここは普通の家の建物も面白くて、家と家がくっついてい建っていて凸凹した屋根が独特の風景を作っている町でもあります。
ここの堤防に係留している船と3匹の猫を描きました。
僕の田舎は四国の瀬戸内海に面していて、子供の頃はよく海で遊びました。
海の見える所に家を建てて一日変わって行く海を見ながら暮らしてみたい(笑)