「湘南 江ノ猫」クッキーの近況

以前パッケージのイラストをやらせていただいた江ノ島土産のお菓子『湘南 江ノ猫』クッキーを江ノ島で見つけたと、友人が写真を送ってくれました。(※お店の人にブログ掲載の許可をもらっています。)こちらは結構売れていて、定番になっているようです。
もう一個の『伊豆のととねこ』の方はどうやら廃盤になってしまったようですね。残念。

みなさま、江ノ島で見つけたらぜひご購入くださいませ。

上は駅(何処か聞き忘れた)のキオスクです。下は鎌倉駅の売店だそうです。

「湘南 江ノ猫」クッキー キオスク売り場


「湘南 江ノ猫」クッキー 売り場2


「湘南 江ノ猫」クッキー 売り場3
[ 2019/02/14 15:16 ] ★デザイン パッケージ | TB(0) | CM(2)

プロダクトデザイン|眼科医療機器|スリットランプ700GL

タカギセイコー スリットランプ 700GL デザイン TAKAGI Design slitlamp

 プロダクトデザイナーとしての仕事のご紹介です。
先日のこのBLOGでご紹介した『タカギセイコー』様のスリットランプ2ZLの上位機種の700GL(上記写真)のリニューアルデザインも同時期にやらせていただきました。
700GLは、ボディーは2ZLと共通部分もありますが、LED発光部分が2ZLとは方式が違う仕様になっています。

上位機種である700GLのデザインのポイントは、「新しさ」と「高級感」をどう表現するか・・でした。
ベースとなる機器の骨格部分は大きく変えられない為、光源の入っている上部のかたまり部分でそれを表現しなければなりません。考えた末、この部分をロイヤルブルーの深い紺色で塗装することで、これまでにない新鮮さと高級感を表現することにしました。
また、2ZL同様、LEDであるということがすぐに理解できるように、ボディの一部(こちらはツマミの根元)をブルーに発光させています。
こちらの製品も現在、日本だけでなく世界中で発売されており、好評であるとのことです。
[ 2016/01/04 21:09 ] ★デザイン プロダクト | TB(0) | CM(0)

プロダクトデザイン|眼科医療機器|スリットランプ2ZL

タカギセイコー スリットランプ 2ZL デザイン

 この度、デザインを担当した製品が、長野県中野市にある『タガギセイコー』様から発売されました。
今回やらせていただいたのは、眼科医療機器のスリットランプ2ZL(上記写真)と700GLの2点のリニューアルデザインです。

スリットランプというのはスリット状の光を出して目を検査する、眼科医にとって重要な医療機器です。
今回、ランプの光源に初めてLED電球を使用することになり、それに伴い、これまでのスリットランプの製品群全体を新しくすることになりました。構造的にも大きな変更を伴うリニューアルとなっています。

今回のデザインの課題は『新(LED)時代のベーシックなスリットランプ』とはどうあるべきか、ということでした。
ベーシック=よけいな物をなくしたシンプルで無駄のないデザイン=扱いやすさ、壊れにくさにつながると考えました。

エンジニアの方と綿密な打ち合わせを繰り返し、無駄な部分を極力削ってアスリートの身体のようなシェイプアップされたデザインを目指しました。
また、LEDであるということがすぐに理解できるように、ボディの一部をブルーに発光させています。
これはこれまでにない試みで、LED時代のスリットランプを感じさせる部分にもなっています。

製品は現在、日本だけでなく世界中で発売されており、好評であると聞いています。
[ 2015/12/29 05:30 ] ★デザイン プロダクト | TB(0) | CM(2)

偉人キャラクターイラスト|雪の五十六|株式会社スノーキャスト

雪の五十六 長岡市 株式会社スノーキャスト 山本五十六 似顔絵 キャラクター 

今日長岡市の『アオーレ』で開催されている『ゆきみらい2015in 長岡』というイベントに、地元企業の『株式会社スノーキャスト』さんが出展されています。
それで、スノーキャストさんが、そこで配っている『雪の五十六』というパンフレットに、イラストを描きました。
長岡市の出身の「山本五十六」をモデルにした似顔絵(になってないけど)キャラクターイラストです。

『スノーキャスト』さんは詳細な雪の予報を仕事にしている会社で、今度『雪の五十六』という『雪の予報サービス』を開始することになり、そのパンフレットに入れるキャラクターイラストを依頼していただきました。

スノーキャストの社長さんは同じ摂田屋の住人で、僕が2013年度の町内会の会計で、彼が2014年度の会計という関係です。(笑) 僕が彼に会計仕事を引き継いだ時にお見せした『エジソンのキャラクター』を気に入って下さってのご依頼でした。

人間、マジメに生きていると(笑)意外なご縁で仕事が来るものなんですね。
さあ、仕事仕事。

※追伸 そう言えば『ゆきみらい2015in 長岡』の会場で次期開催の盛岡市から『ミスさんさ踊り』さんが来ていて、南部せんべい入りの紙袋を配っていてもらいました。(笑)
[ 2015/01/29 14:04 ] ★デザイン キャラクター | TB(0) | CM(6)

トイデザイン|恐竜カプセルスタンプ4種|夢屋

夢屋 カプセルスタンプ 恐龍 ティラノザウルス マンモス トリケラトプス

 以前ここでもご紹介した夢屋さんから発売された『光る恐龍ストラップ』の恐龍達が今度はスタンプになりました。
ティラノザウルス、トリケラトプス、アパトサウルスにマンモスを加えた4種類です。上はスタンプした絵柄。

 夢屋さんのカプセルスタンプはいわゆる「ガチャガチャ』といわれるカプセルに入っています。
取り出してカプセルに付けると、下の写真のようにカプセルがスタンパーになるという優れものです。
約500回押せるそうです。送られてきたばかりなのでどこで売られるのかまだ聞いていませんが、博物館や恐龍フェアなどで売られるのではないかと思います。
どこかで見かけたらぜひお買い求めください(笑)たぶん一個300円だと思います。

夢屋 カプセルスタンプ 恐龍 アパトザウルス かわいい
[ 2013/07/22 23:43 ] ★デザイン トイ | TB(0) | CM(0)

トイデザイン|恐竜ピンズ Dinosaur pins

恐竜 ピンズ 夢屋 リアル デザイン デザイナー ティラノザウルス

 昨日に続いて今日も『夢屋』さんから発売されている『恐竜ピンズ3点』のご紹介です。
ピンズというのは夢屋さんと仕事をするまであまり興味が無かったのですが、やってみるとなかなか面白いアイテムだなと思いました。おもちゃと違ってちょっとアクセサリー的な感覚があって、小さな物なんだけど土台が金属だし、きれいに出来上がると嬉しいんですよね。ピンズマニアがいるのもわかる気がします。集めたくなる魅力があるんですよね。

 今回はオリジナルデザインの恐竜のピンズ3点のデザインをやらせていただきました。恐竜ということで子供に帰って自分子供だったらが欲しくなるような物を考えてみました。下は試作発注のスケッチです。最初表面は細かいハンマー模様で頼んだのですがモデラーがリアルな肌に仕上げてきて、それがなかなか良かったのでそちらを採用しました。バックの形は卵をモチーフにしています。やっぱり恐竜と言えばタマゴだろうということで。タマゴの色の部分はヘコんでいて職人さんが手作業で色を流し込むらしいです。色がたくさんあると何回もそういう作業をして仕上げているらしいです。割とハンドメイド的な所があって、そこがまた魅力的な所ですね。
 全体の仕上げは古美仕上げという、汚し塗装的な古い真鍮のような仕上げにしてもらっています。昔の理科室のドアノブ?のようなイメージですかね。
このピンズのポイントは恐竜の周りが抜けている所です。穴になってるんですよね。服なんかにさすと服の色がここに出てきます。結構凝ってるんですよ。
 上野国立科学博物館にて販売中です。結構かっこ良くできたと思うんですが、売れ行きは今ひとつらしいです。値段は??いくらだろ。聞き忘れました。(笑)

恐竜ピンズ 夢屋 上野国立科学博物館 販売 デザイン デザイナー スケッチ
[ 2012/08/30 15:54 ] ★デザイン トイ | TB(0) | CM(4)

トイデザイン|光るストラップ恐竜シリーズ

 光るストラップ 恐竜 夢屋 デザイン 上野博物館

 ピンズやご当地物の雑貨を作っている『夢屋』さんから発売されている『光るストラップシリーズの恐竜3点』のデザインをやらせていただきました。デフォルメされたオリジナルデザインの恐竜のフィギュアのストラップです。LED内蔵で底面にある接点を触ると下の写真のようにいろんな色でピカピカ光ります。
光る ストラップ 恐竜 上野科学博物館 夢屋 デザイン

現在上野の国立科学博物館で好評発売中。
描いた三面スケッチはこんな感じです。
夢屋のデザイナーさんの指示がだいぶ入っていますので、正確には二人のコラボレーションデザインですね。これを元にモデラーの人が立体にして、それを成型して出来上がります。成型色もきれいに出て、なかなかかわいくできました。結構売れているらしくて嬉しいです。上野国立科学博物館に出かけた際はぜひご購入ください。(笑)一個300円です。(安いなー)
光るストラップ 夢屋 恐竜シリーズ デザイン 上野国立科学博物館 販売
[ 2012/08/29 21:21 ] ★デザイン トイ | TB(0) | CM(4)

トイデザイン|なかよしコロロアンパンマン

バンダイ キャンディトイ なかよしコロロアンパンマン デザイン
annpann-logo.gif


 バンダイのキャンディトイ(コンビニやスーパーで売っているラムネ入りのおもちゃ)の企画とデザインをやらせていただきました。『なかよしコロロアンパンマン』という小さな乗り物おもちゃです。手で転がすと人形が揺れたり、ショベルが上がったり、アクションします。ボタンを押したりすると羽が飛び出したりするダブルアクション機構付き!!(これが売りです-笑)

デザインしたと言っても仕様を決めてパースのスケッチを描いただけなのですが、商品はなかなかよくできています。おもちゃらしいおもちゃです。1個¥250です。お店で見かけたらぜひ一個お買い上げください。それで、走らせて和んで下さい(笑)

↓パッケージはこんな感じです。

なかよしコロロアンパンマン パッケージ

動きはこんな感じです。小さいけど凝ってるんですよ。

なかよしコロロアンパンマン バンダイキャンディ


-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村


[ 2011/04/09 15:17 ] ★デザイン トイ | TB(0) | CM(4)

ブリキロボット|猿の惑星/セード|メディコムトイ

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー 猿の惑星 ティンパタンナー 森俊憲

PLANET OF THE APES TM & (C) 2001 Twentieth Century FoxFilm Corporation. All Rights Reserved.
Planet of the Apes& All Character Names are Trademarks ofTwentieth Century Fox Film Corporation.


 昨日の続きです。1998年にメディコムトイより発売された『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』というブリキのロボットのシリーズのブリキの版の制作をやらせていただいたのですが、2002年にリメイク版の『猿の惑星』のブリキロボットが発売され、これの版の制作を手掛けました。

上の写真は昨日の『アター』と同時に発売された『セード』という役の猿のブリキロボットです。これも込み入ったファッションで苦労しました。頭部と手はソフビでできています。こちらは専門のモデラーの方が作っています。(家にあったサンプルを自分で撮影してみました。バックはブリキ板です。)

 下は胴体の前の部分の拡大写真です。

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー 猿の惑星  ティンパタンナー 森俊憲

 そしてこれがその版下データです。色は少し明るくしています。特色5色を使用しています。シルバーを下地にして黄色を重ねることで金色を表現しています。

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー 猿の惑星  ティンパタンナー 森俊憲


 ブリキと言う素材自体が好きで描いたブリキのロボットのイラストがきっかけでやることになった『ノスタルジックフューチャーコレクション』はこれが最後のアイテムになってしまいました。
手仕事の集大成みたいなもので、手間はかかるし効率も悪いんでしょうけど、だからこそ人間臭くて好きだったんですけどね。

さて、明日からは何を題材にしようかな。明日考えよう。

-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

ブリキロボット|猿の惑星/アター|メディコムトイ

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジック・フューチャー 猿の惑星  ティンパタンナー 森俊憲
PLANET OF THE APES TM & (C) 2001 Twentieth Century FoxFilm Corporation. All Rights Reserved.
Planet of the Apes& All Character Names are Trademarks ofTwentieth Century Fox Film Corporation.


 昨日の続きです。1998年にメディコムトイより発売された『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』というブリキのロボットのシリーズのブリキの版の制作をやらせていただいたのですが、2002年にリメイク版の『猿の惑星』のブリキロボットが発売され、これの版の制作を手掛けました。

上の写真は映画の中に出てくるアターという役の猿です。またこれが込み入ったファッションだったのですが(笑)映画のパンフレットなどの資料を見ながら地味にコツコツ制作しました。頭部と手はソフビでできています。こちらは専門のモデラーの方が作っています。(家にあったサンプルを自分で撮影してみました。バックはブリキ板です。)

 下は胴体の前の部分の版下です。特色5色で刷っています。平面で見るとつまらないんですが、これが立体になるとよく見えるんですね。不思議です。
明日も同じ『猿の惑星』の『セード』という猿のブリキロボットの話です。

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジック・フューチャー 猿の惑星  ティンパタンナー 森俊憲


-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村