フォト|その後のシロ−3(グラの後がまはオレだ)

野良猫 シロ

 その後ノラ猫達はどうなっているかというと、グラがふっつりと来なくなってしまいました。どこか良い所があるのか、交通事故にでもあってしまったのか・・。
その穴を埋めるように毎日シロがやってきます。
チャトランクロもやって来るので、恐がりなシロは近くでこの二匹がいなくなったのを確かめてからおずおずとやってきます。ただ、だいぶ慣れたのか最近はデッキでごろりと横になって眠ったりします。気持良さそうに寝てると、それを見つけたクロが飛んできて、あわてて飛ぶように逃げてゆきます。
 相変わらずやる事が乱暴なクロ。食欲旺盛で最近少し毛艶が良くなったチャトラン。
三匹のその後はどうなって行くのやら・・。
[ 2013/05/30 00:29 ] ★写真 猫たち、その他 | TB(0) | CM(4)

フォト|蜘蛛の巣の雨粒

名立町 水田 田植え ツツジ


 ちょっと前になりますが、新潟県の西の名立町に行ってきました。名立は海に面していますが、川沿いに山の奥の方の方まで町が広がっています。
 少し奥まで車を走らせると、ちょうど田植えの真っ最中で、水を張った水田に良い風が吹いています。前日の雨のせいか空気が澄んでいて、新緑の山々がくっきり見えました。

 あぜ道に生えていた、草の葉に蜘蛛の巣が付いていて、そこの昨日の雨の粒が残っています。ちょっときれいかなと思って写真に撮ってみました。家に帰ってパソコンモニタで見て見ると、本当にまんまるの水滴が、並んできれいに光っていました。

蜘蛛の巣 水滴 写真
[ 2013/05/25 19:45 ] ★写真 摂田屋の自然 | TB(0) | CM(2)

ナンプレジャンプ|パイプとルーペのイラストを描く

パイプ ルーペ イラスト 3D
 
 先日から続いている『ナンプレジャンプ』の表紙イラストのお話です。
今日はホームスの使っているパイプとルーペです。
ホームズが使っているパイプは『キャラバッシュ・パイプ』という種類で、ひょうたんをくりぬいた物で、白い所は海泡石できている物らしいです。映画なんかで見栄えがするという事でこれが使われたそうですが、まあ、真っ黒なパイプよりは面白いかな。
パイプは、小説家の開高健なんかが使っているのを見てちょっと憧れた時期がありました。(笑)
大人の男って言う感じがするんですよね。

ルーペはどんな物が使われているかよくわからなかったので適当に(笑)作ってみました。調べてみるといろいろなデザインの物があるんですね。
凝った彫刻が施された骨董品もあって、王室御用達の物とかもあったのかもしれないですね。
 3DCGでレンズ状に成型したら、画面の中でもちゃんと向こうの物が拡大されました。
当たり前といえば当たり前なんですけど。(笑)よくできてるなー。

展覧会情報|Mari 空の絵展 「季節の空を描く』原画展

Mari 空の絵展 「季節の空を描く』原画展

 いつもこのブログにコメントいただいているイラストレーターの友人のMariさんの個展が今日から開催されています。Mariさんといえば素晴らしい水彩画を描くことで有名な作家ですが、今回はパステル作品、それも空を描いた作品の展覧会です。

Mariさんは空気感を描くのがうまくて、空の絵も、なんだかその季節ごとのさわやかな空気や風を感じます。
場所は麻布十番の『パレットギャラリー』です。

こちらに詳しい情報が掲載されています。
■Mari 空の絵展 「季節の空を描く』原画展
お近くの方はぜひ。

--------------------------------------------------------------
期間:2013年5月22日(水)~27日(月)
場所:パレットギャラリー
〒106-0045 東京都港区麻布十番2-9-4
東京メトロ南北線、都営大江戸線
麻布十番駅4番出口から徒歩3分
TEL&FAX:03‐6435‐2336
時間:10:00~18:00
(初日は13時~ 最終日は16時まで)
---------------------------------------------------------------
[ 2013/05/22 14:45 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(0)

ナンプレジャンプ|ブルー・ガーネットを描く

ナンプレジャンプ 3D イラスト 宝石 青い ガーネット

 このところ続いている『ナンプレジャンプ』表紙イラストのお話です。

 今日は、今回のお宝になっている青いガーネットの3Dイラストのお話。
宝石のカットの形は、四角いのや丸いのや楕円、ハートなどいろいろなカットのデザインがあります。
よく知られているのはダイヤでよく使われるブリリアントカットですね。
ダイヤの光が一番きれいに反射するように考えられたカットの仕方らしいです。

 ガーネットは普通はカボションという半球型のカットが多いそうですが、
今回使っているのは個人的に好きなペア・シェイプというカットで、涙のような形です。
青い宝石という事で、この水をイメージさせる形が合うのではないかというのもありました。

 3Dイラストでは、ソフトの中で素材の設定をいろいろ入力するのですが、その中に光の屈折率というのもあります。
光が入っていって出る時に屈折して曲がるんですが、その曲がり方が物質によってそれぞれ違います。
ちなみに、空気は1、水は1.3、すいしょうは1.5、ダイヤは2.4になっています。
ダイヤがきれいに見える秘密はこの高い屈折率のせいで複雑な光が反射するかららしいです。

 宝石には縁もなかったので(笑)全く知識がありませんでしたが、永遠の美と人間の欲望、それにまつわる伝説等、調べてみるとなかなか面白いですね。
さて、次はどんな形の宝石を使おうかなー。