『湘南 江ノ猫』の車内吊り&ポスターが江の電に登場!

湘南 江の猫 江の電 車内吊り しいの食品 クッキー 猫 お菓子

以前パッケージの猫のイラストをやらせていただいたしいの食品様の湘南江の猫クッキーの広告が江の電の車内吊りで登場しているそうです。(上の写真)また、藤沢とか江ノ島の沿線の駅にポスターが貼られているそうです。(下の写真)写真はデザインを担当した青野さんからお借りしました。
これを見て、江ノ島に観光に来る猫好きのお客さんがいっぱい買ってくれると良いなー。
楽天の『珍味や』さんや、アマゾンでも販売しています。


湘南 江ノ猫 江ノ電 ポスター しいの食品 クッキー 猫 お菓子
[ 2016/12/22 15:33 ] ★イラスト 猫のイラスト | TB(0) | CM(2)

鴻池朋子展 『皮と針と糸と』 に行ってきました。

鴻池朋子展 『皮と針と糸と』 新潟県立万代島美術館 皮緞帳

 今日鈍行列車に揺られて新潟県立万代島美術館でやっている鴻池朋子展『皮と針と糸と』に行ってきました。
アーティストトークで鴻池さんが来てて、久しぶりに会ってきました。
今回の目玉はなんと言っても、皮をツギハギした上に森羅万象を描いた、『皮緞帳』です。
上の写真です。クリックで拡大します。
(写真はVOLCANOISEさんのFacebookページから勝手にお借りしました。しゃがんでいるのは鴻池さんですね。)

とにかく大きくて、皮の持つ圧力というのか、その原始なパワーに圧倒されます。これを一人の画家が描いたのかと思うとそのパワーにもまた驚かされます。

他に僕が好きなのは大きな鳥を羊毛フェルトで描き出したもの。まわりには動物や生き物がたくさんいて生命感にあふれているんですよね。今回の展覧会はいろんな「命」を感じました。
とまあ、言葉で説明しても伝わらないかな。行って作品を見てみるとそのスケールがわかります。

次にアーティストトークで鴻池さんの来る日は12月23日1月21日です。
2月12日までやってますので新潟の皆様、ぜひ。

[ 2016/12/18 01:24 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(4)

皮と針と糸と|鴻池朋子展|新潟県立万代島美術館

皮と針と糸と 鴻池朋子 展 新潟県立万代島美術館 1

以前おもちゃのデザイン会社で一緒に仕事をした(日本で販売するバービーハウスとかをデザインしたりしました)
友人の現代美術家「鴻池朋子」さんの展覧会『皮と針と糸と』が12月17日から新潟県万代島美術館で始まります。
今回の展示は皮をつないだ24メートルに及ぶ皮緞帳を始め、”縫う”ということに焦点を当てた展示になっています。
彼女の出身地である秋田の手芸グループの女性たちと作り上げたクマの形の大きな刺繍作品(地元に残る昔話を題材にしています。)なども展示されます。

招待券が何枚かあるので行ってみたいと思う方は連絡いただければ送らせていただきます。
無くなったらご容赦ください。よろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------------
以下、今回の展示会の関連イベント案内です。
<関連イベント>

鴻池朋子 アーティスト・トーク
日時 : 12月17日(土)14:00 〜
会場 : 展示室
*要当日観覧券/申込不要

アートコンプレックス&トーク「冬の遠吠え」
山川冬樹を迎えて、私たちの内奥に眠る動物の声を覚醒させ、美術館全体に新たな身体感覚の通路を出現させるひとときです。
出演 : 山川冬樹(ホーメイ歌手・アーティスト)、鴻池朋子
日時 : 12月23日(金・祝) 14:00〜16:00
会場 : 展示室
席数 : 50席(先着順。12/1から受付開始。 Tel:025-290-6655)
*要当日観覧券
*イベント開催中、展示室内で音や照明の演出があります。

トーク「針と糸は物語る~現代のおとぎ話を縫う」
村井まや子(神奈川大学外国語学部教授 比較文学・おとぎ話)と鴻池朋子による裁縫と物語と現実の不思議を巡るトーク。
日時 : 1月21日(土) 14:00〜
会場 : 展示室
席数 : 50席(先着順。12/1から受付開始。 Tel:025-290-6655)
*要当日観覧券

ワークショップ「アートの初めてのおつかい」
参加者が、ナビゲーター(学芸員)から頼まれた”おつかい”を作品から持ち帰り、語り合うワークショップ。
日時 : 1月8日(日)14:00〜16:00
会場 : 展示室
*要当日観覧券/申込不要

学芸員によるギャラリートーク
日時 : 1月29日(日)14:00〜
ゲスト : 坂本里英子(本展企画者、セゾン現代美術館学芸員)
会場 : 展示室にて
*要当日観覧券/申込不要

[ 2016/12/12 17:15 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(2)

個展のお知らせ。

古木里庫 森俊憲 個展 イラストレーター たびねこ 猫 犬 少年-1

 来年4月15日(土)から4日間の短い間ですが、出身地の香川県三豊市仁尾町の『古木里庫』にあるギャラリースペースで個展をやることになりました。たびねこのイラストなどを展示予定です。今回の個展に合わせて、ふるさとの風景を描いた新しいたびねこのシリーズも出品したいと思っています。
新しい「たびねこシリーズ」は過去への旅です。おなじみの黒猫と、少年の頃の自分と、飼っていた犬のマルが登場します。とりあえず1枚目ができました。モチーフになっている盆栽のような大きな木は実家の前のお寺にある吉祥院の樹齢400年の槙柏(たぶん)の木。当時の子供たちの秘密基地になっていました。全体像はこちらです。↓(クリックで拡大します)

古木里庫 森俊憲 個展 イラストレーター たびねこ 猫 犬 少年-1200
[ 2016/12/04 06:23 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(4)