ブリキロボット|版を作る

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲


 昨日の続きで、1998年に『メディコムトイ』から発売されたブリキのロボット『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』シリーズのブリキの版の制作とパッケージデザインのお話です。

 それで、ティンパタンナーとは何をするのかと言うと・・上の写真左はターミネーターのエンドスケルトンのブリキのロボットの胸の部分のラフ絵です。ブリキのロボットに直接僕が模様を描いた物です。言ってみれば出来上がりサンプルですね。実際の出来上がりは昨日の写真を見て下さい。これを元に左の1枚のブリキの板を作るのがティンパタンナーです。

 ブリキのロボットというのは、ブリキ工場(メーカー)さんが、印刷されたブリキの板をプレス機でプレスしてでき上がるものです。つまり、この出来上がり見本を見て、右にあるような『元の平らなブリキの板』に戻した物を作ると言うことなんですね。時間をさかのぼる仕事です(笑)しかもブリキは場所によって微妙に伸びるので、位置によって絵柄が変形します。左右対称じゃなかったりします。

 これははっきり言ってえらくめんどうで根気のいる仕事です。それもエンドスケルトンみたいな何回見てもよくわからないような複雑なデザインになると・・(笑)

 当時はこの複雑なデザインを歪みなく、前の胴体と後ろの胴体が合わさった時にズレが無いように、そればっかり考えて必死で線を引きました。最初は墨一色の線だけで印刷した物をブリキ屋さんがプレスして確認します。

 それが、プレスしてみたら最初から意外と良い線行ってたんですね。ホッとしました。
多少のズレを調整してもう一度、今度は4色の版を作ります。
下の写真をみてもらうとわかると思いますが、上の右の版は下の4色のインクの重なりでできています。(元のブリキの板は白が印刷されています)すべてベタの版なので網点は使っていません。この辺が自分なりのこだわりなんですが、あまり効果なかったかな(笑)

 当時、ブリキのロボットと言うと、懐かしくてちょっと手描きっぽい、ほのぼのしたデザインものが多かったのですが、なんだかわざととそういう『味』を出すものにしたくなかったんですね。今できる最高のブリキのロボットをつくろうと思ってました。まだ、若かったし。

 今見るとその機械的な線(デザイン)がブリキのロボットに合ってたかどうか疑問ではありますが。
もっと手描きのほのぼのしたエンドスケルトンでも良かったのかなーと・・(笑)


ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲

-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/315-986bb6a9