ヤマハ英語教室-教材|キャラクター3Dイラスト-2

ヤマハ英語教室イラストキャラクターAマン2D


 昨日の続きで、ヤマハ英語教室の教材のキャラクターイラストの話です。

 まずは、すべての基本になるキャラクターのデザインを見てみたいと言うことで2D(イラストレーター)でのデザインスケッチ2案(上記スケッチ)を提出しました。英語の文字の形をなるべく残したA案と、もう少しキャラクターのデザインを重視して人に近いB案。

 結果はB案で進むことになりました。3D作業に入ります。まずはデザイン案を立体として作れるようにキャラクターの三面図を制作します。これが3Dソフトで制作する場合の下絵になります。どういうやり方でモデリングするのか、パーツ分けはどうするのかを考えながら3面図を描きます。下が三面図です。

ヤマハ英語教室教材キャラクター三面図

明日は3Dイラストの制作の話です。

-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/392-7933861d