ロボットイラスト|シャボン玉ロボット|レンダリング

ロボット イラスト イラストレーター 3DCG 自然エネルギー 作る 元気な 明るい

 昨日のシャボン玉ロボットのイラストの続きです。
 回転したり、押し出したり、削ったりと、実際に形を作るのと同じようなことを3Dソフトのバーチャル空間内でやって、形状を作ります。それぞれのパーツに色、表面の明るさ、反射の強さ、表面の平滑度、透明度等の質感設定をします。

 そうしたら、でき上がったロボットとシャボン玉をバーチャル空間内に配置して今度はライトを設定します。この辺は実際の立体物を撮影するのと同じです。ライトにもいろんな種類があります。太陽光みたいに真っすぐ平行に光が進むもの、スポットライト、電球のような点のライト、光る板のようなライトなどなど。そして、それぞれの強さと色、影の有る無しを決めて、位置を決め、角度を合わせます。

 それで撮影。そうすると上の画像ができ上がります。3Dソフトの場合はこの部分を撮影とは言わず『レンダリング』といいます。つまり写真に撮るわけじゃなくて、計算して画像として出力するわけですね。その計算に時間がかかります。この面にこっちから光が当たるとどういう風に見えるかとかを計算で出しているわけです。考えるとすごいことしてるんですよね。人の見ているものは数式の計算で同じように表現できるということなんです。

 ライトの位置を少し動かしてはレンダリングして、おかしければ変更してまたレンダリング。これを延々繰り返します。どうりで目が痛くて肩が凝るわけだ(笑)


-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/421-9e65f5b6