おっここ摂田屋市|サフラン酒で案内係-その2

摂田屋 サフラン酒本舗 長岡市 登録有形文化財


 昨日の続きで、『おっここ摂田屋市』で「機那サフラン酒」での案内係の手伝いの話です。
上の写真が道路から見たサフラン酒です。入ってい左へ行くと岩作りの広い庭と離れがあります。右の蔵を抜けて行くと『大看板』を展示している古い蔵があります。昨日はこのふたつが公開されました。
 普段は、蔵の外観までは見ることができますが、庭も大看板も見ることはできません。今回庭の公開は初めてでしたが、こんなすばらしい庭が埋もれていることを、近所の人を含めてたくさんの人知ってもらえたことは良かったと思います。

 下の写真はおっここ摂田屋市の会場で販売していた『サフラン酒』です。この独特な雰囲気を持つパッケージが良いですよね。かつては『養命酒』と人気を2分していたらしいですが、現在は薬用酒ではなくてリキュールとして販売されているようです。値段は相当高いらしいです(笑)。飲んだ人の話では苦みはあまりなく、甘くて飲みやすいとのことでした。この建物の修復とともに、また人気が出るかもしれません(笑)。重要なアイコンなので、大事にしたいですね。

サフラン酒 薬用酒 摂田屋 長岡市 おっここ摂田屋市
関連記事
[ 2012/10/07 10:45 ] ★写真 サフラン酒本舗 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/540-549c5265