フォト|摂田屋の蔵元 吉乃川、ツタの倉庫-冬バージョン

長岡市吉乃川ツタ倉庫冬

 この窓なんだと思いますか?ちょっと怖い屋敷かなと思いますが(笑)
そうではなくて、長岡で伝統の酒を造っているあの有名な『吉乃川』の蔵元の倉庫の窓です。下地はコンクリートみたいです。だいぶ古い物なのかな。

今はこんなですが春になると、この紐みたいな所に蔦の葉っぱが生えてきて一面緑の「蔦の倉庫」に変身します。
最初にこっちへ来て見た時は『おーっ』って感動しました(笑)蔦好きなんです。

 下の写真が倉庫の全景です。今はじっと冬が過ぎるのを待っています。
でも、これはこれで枯れた風情があって良いですけどね。

 この『吉乃川』の倉庫ですが、以前ここで紹介した『機那サフラン酒本舗』のすぐ前にあるんです。「醸造の町摂田屋」には他にもいろいろありますよ(笑)。またそのうち他の所もご紹介したいと思います。

吉乃川蔵元倉庫蔦冬
関連記事
[ 2013/01/09 20:23 ] ★写真 サフラン酒本舗 | TB(0) | CM(2)

摂田屋名物

柿の種の工場もあるんですね!缶を見てビックリ!
[ 2013/01/09 21:13 ] [ 編集 ]

Re: 摂田屋名物

まめうさぎさま
ちょっと調べてみたんだけど、
元祖柿の種の「浪花屋」は摂田屋は摂田屋でも摂田屋町(町がつくんです)で、ちょっと離れてます。
でもこの際だ、摂田屋にしておこう(笑)
柿の種、うまいよね。ここが元祖みたいです。四角い缶に入ってるやつ。
通信販売もやってます。摂田屋仲間ということで宣伝しとこう。
[ 2013/01/09 21:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/559-df2d7d3e