ナンプレジャンプ|ブルー・ガーネットを描く

ナンプレジャンプ 3D イラスト 宝石 青い ガーネット

 このところ続いている『ナンプレジャンプ』表紙イラストのお話です。

 今日は、今回のお宝になっている青いガーネットの3Dイラストのお話。
宝石のカットの形は、四角いのや丸いのや楕円、ハートなどいろいろなカットのデザインがあります。
よく知られているのはダイヤでよく使われるブリリアントカットですね。
ダイヤの光が一番きれいに反射するように考えられたカットの仕方らしいです。

 ガーネットは普通はカボションという半球型のカットが多いそうですが、
今回使っているのは個人的に好きなペア・シェイプというカットで、涙のような形です。
青い宝石という事で、この水をイメージさせる形が合うのではないかというのもありました。

 3Dイラストでは、ソフトの中で素材の設定をいろいろ入力するのですが、その中に光の屈折率というのもあります。
光が入っていって出る時に屈折して曲がるんですが、その曲がり方が物質によってそれぞれ違います。
ちなみに、空気は1、水は1.3、すいしょうは1.5、ダイヤは2.4になっています。
ダイヤがきれいに見える秘密はこの高い屈折率のせいで複雑な光が反射するかららしいです。

 宝石には縁もなかったので(笑)全く知識がありませんでしたが、永遠の美と人間の欲望、それにまつわる伝説等、調べてみるとなかなか面白いですね。
さて、次はどんな形の宝石を使おうかなー。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/593-3ae496d5