機那サフラン酒本舗|巨大な石灯籠が復元されました

機那サフラン酒 巨大石灯籠 修復 長岡市

 今日は昨年の春と秋にあった『機那サフラン酒』の草刈りがあって参加してきました。昨年まで倒れていた巨大な石灯籠が今年は復元されました。上の写真がそれです。
倒れていた時の写真はこちら
 倒れている時はやたらでかい気がしたのですが、こうやって立つとなんだか普通に見える(笑)
いや、でかいのはでかいんですよ。ただ、下に落ちていた時の方が大きいイメージがありました。たぶん、下から見上げるので、それを計算に入れて上を大きく作ってるから、下にあると屋根の部分が巨大に見えたんだと思います。今はきれいですが、これが全体に苔むしてくるとまたいい感じになりそうですね。後は水の入っていない溶岩でできたような池とかが修復できれば、いわゆる日本庭園とは、また違った面白い庭が出現しそうです。 
 
 毎回草刈りの途中に木々の枝に埋もれていたお宝が見つかるのですが、今回もなんだかすごいのが顔を出しました。絡まった枝を全部取り除く前に時間切れになって全貌はわかりませんが、どうやら不動明王の半身像のようです。場所は昨年秋に見つかった龍の近く。
 また秋の草刈りの時には全体像をお伝えできると思いますが、とりあえず今の写真を掲載します。これじゃあ何がなんだかわからないかも(笑)
 しかし、この草刈りのイベントは、なんだかジャングルに埋まった遺跡を発掘しているような発見の面白さがあります。さて、次はどんなお宝が顔を出すのやら・・。

機那サフラン酒本舗 長岡市 巨大 石灯籠 復元 不動明王
関連記事
[ 2013/06/01 17:36 ] ★写真 サフラン酒本舗 | TB(0) | CM(1)

まさにインディジョ-ンズやね

龍の次は不動明王・・・なんだかワクワクするねー
しかし、上の龍なんかみてると
造形的なセンスが抜群やね。
有名な彫刻家とかが造ったのかなぁ・・・。
[ 2013/06/02 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/598-a6f32b07