機那サフラン酒本舗|もう一つの石の龍

機那サフラン酒 石の龍 摂田屋


 昨日から続いている地元摂田屋の宝『機那サフラン酒』の庭の話ですが、僕が草刈りに行く前の年に既に見つかっていた、もうひとつのお宝の紹介をしてなかったので改めて紹介させていただきます。
 それは上の写真の石の龍です。大きな岩の上に丸くなっていて、下の岩が苔むしていていい感じです。
口の先に水が出る穴があるので、他の龍と同じように、ここから下の池に水を出していたのではないかと思われます。
他で見つかったお宝(下の写真)も龍と不動明王でしたので、この建物と庭を造ったサフラン酒の最初の設立者の吉沢仁太郎は龍と不動明王が好きだったのかもしれません。
あるいは、龍は水の神様と言われ火災や水害から家を守ると言われているので、そういう守り神の意味もあるのかもしれません。

機那サフラン酒 石の龍と不動明王 摂田屋


関連記事
[ 2013/06/02 16:58 ] ★写真 サフラン酒本舗 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/599-0aa47703