森俊憲第一回個展|かげろうの町|レポートその1

4月15日から故郷香川県仁尾町の古木里庫で開催された森俊憲第一回個展『かげろうの森』は無事終了致しました。
たくさんの方に見にきていただき、グッズもたくさんご購入いただき、本当にありがとうございました。
昨年の秋に話をもらって、仕事の合間に仁尾町を背景にした『たびねこ』番外編『かげろうの町』のイラストをなんとか4点製作し、公開する事ができました。
年末から母の入院などもあって何度か帰省したりして、なにか故郷に向き合うという時なのかなと思ったりもしました。

初めての個展で、どういうことをやって、何が必要なのか、やる本人もよくわかっておらず(笑)そのまま突入したのですが、いろんな人に助けてもらって、バタバタしながらもなんとか無事に終わる事ができました。
本当にありがとうございました。

これから何日かに分けて個展の様子をお送りします。
まず初日の飾り付け。寝不足の目をこすりながら朝10時より開始。大まかな額の設置が終わり、少し飽きた頃、古木里庫の浪越さんから、すぐそこに桜の素晴らしい神社があるので見に行きましょうと誘われてちょっと(笑)見に行ってきました。「進男神社」と書いて「スサノオ神社」と読みます。
下の広場にも桜が咲いているのですが、鳥居を抜けて階段を上るとそこに見事な桜が1本、満開の花をつけて立っていました。

この後、「飾り付け」を甘く見ていた事に気付く事になるのですが・・(笑)それはまた次の話で。
写真はクリックで拡大します。

森俊憲第一回個展 男進神社 その1 桜

森俊憲第一回個展 男進神社 その2 桜

森俊憲第一回個展 男進神社 その3 桜
関連記事
[ 2017/04/22 00:31 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/785-3090b861