森俊憲第一回個展|かげろうの町|レポートその2

今回の個展ではイラスト額の大7点、9点の他に、はこどけい18種、ネコとくらす時計3種、ブリキのロボット10種、ロボットのでかい額1個、カレンダー2種各10個、ポストカードセット2種各10個。ポストカードバラ320枚、ブローチ20個、しおり10個、イラストシート(額の中のシートをダンボール板とセットにしたモノ)30枚、猫のクッキー55個、仕事説明パネル40枚、作品ファイルA3-2個、切り抜きPOPパネル説明用パネル名刺などなど・・(笑)
とにかく出発前日まで作れる物を作って送ったのですが、でかいダンボール箱6個!送料合計約1万(笑)

それが、今、額の位置だけ大まかに決めて、桜見物に行って戻ってきた私の目の前に散乱しております。(笑)
いかんせん、小物が多くて、本人は何とかなると思っていたのですが、時間が刻々と過ぎてゆき、さてこれは終わるのか・・思い始めた所に、いとこの奥さん2人が手伝いにきてくれました。地獄に仏とはこのことですね。(笑)
一人はもともと最初にここのギャラリーで個展やりませんかと提案してくれた人で、以前ギャラリーに勤めていた事があると言う強者です。
個展では皆が談笑できるコーナーを作って、お茶を飲んだりお菓子を食べたりする所が必要なのよ!と、ネスプレッソとお菓子とお茶を用意して、受付を飾る華やかな花束も持参してきてくれました。
1人と3人では大違い、あれよあれよという間に並べられ、ブリキのロボットなどはテーブルに並べていたのをこっちの方が良いということでストーブや鍋と一緒の展示に変更、長イスの位置なども観客の立場になって考えて移動。最後に、展示用のはしごに少年のPOPパネルをかけてお二人で『キャー、似合うー』という事になりました(笑)

ということで無事時間内に展示終了。一人だったらたぶん終わってませんでしたね。
途中、気がきかない私の事をよく知っている友達がお菓子やお茶を持ってきてくれたりして、なんか、今回は人に助けてもらう事ででき上がっていた個展だったような気がします。

下の写真は手伝ってくれたお二人・・ではなくて(笑)お二人の中のA子さんの愛犬ナポリともう一匹(名前忘れた)親子です。

かげろうの町 イラストレーター森俊憲 個展 犬 ナポリ

下はエントランスの看板。今回はプリントアウトした物をダンボール板に貼って、切り抜いたPOPを何枚か用意しました。これって不思議ですが、切り抜くとなんか命が宿るんですよね。四角のままじゃダメなんです。

もりとしのり個展 かけろうの町 エントランス

持って行った『ネコとくらす時計』と『はこどけい』はここにあった備品の古い板戸に展示しました。この格子とはこどけいのデザインが合ってていい感じ。はこどけいは売ろうと思って持って行った物に針が付いてなかった(笑)のですが、欲しいという方が結構いらっしゃいました。次は持って行きますねー。


はこどけい 個展 ダンボール 森俊憲 時計 展示

これがはしごの少年。

はしご 少年 もりとしのり
関連記事
[ 2017/04/23 17:45 ] ◎展覧会情報 | TB(0) | CM(2)

そっかー!
仕切られたけど、助かってよかったですねー
[ 2017/04/24 00:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

そうなんだよね。なんか自分でこだわるよりそういう方がうまくいくみたい。
やってるときも楽しいし。すごくクリエイティブな空気が流れてる感じがあったな。
[ 2017/04/24 00:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carnival2009.blog66.fc2.com/tb.php/786-345e7cba