ブリキロボット|ノスタルジック・フューチャー・コレクション|パッケージデザイン

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲


(C) 1998 CANAL+ D.A. All Rights Reserved.
T2, TERMINATOR 2, ENDOSKELETON,
and the depiction of the Endoskeleton are trademarks of
Canal+ D.A. All Rights Reserved.

 昨日の続きです。1998年にメディコムトイより発売された『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』というブリキのロボットのシリーズのブリキの版の制作とパッケージデザインをやらせていただきました。

 今日は『エンドスケルトン』のパッケージデザインの話です。上の画像はパッケージ正面のデザインです。
ロボットの目で見た透視スキャン画像みたいな物をイメージして、デザインっぽいイラストにしました。特色のシルバー、ムラサキ、黒の三色で刷っています。この辺はブリキの版の延長のような感じですね。べた塗りにこだわってます。

 ブリキロボットだと言うことと、エンドスケルトンのボディのイメージもあって、全体にシルバーを地にしてメタル感を出しました。普通だと4色掛け合わせでキャラクター写真を使った物になるんだと思うのですが、それだと『普通』になってしまうので、値段も高いですし、他とは違う特別な物というイメージを持たせたかったのです。

 「ノスタルジック・フューチャー」のロゴはブリキ板をプレスしたようなイメージにしています。
下は初期のラフデザインです。左上のイメージが元になっています。


ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲

-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

ブリキロボット|エンドスケルトン|メディコムトイ

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ターミネーター2 エンドスケルトン ブリキ職人 森俊憲

(C) 1998 CANAL+ D.A. All Rights Reserved.
T2, TERMINATOR 2, ENDOSKELETON,
and the depiction of the Endoskeleton are trademarks of
Canal+ D.A. All Rights Reserved.

 昨日の続きです。1998年にメディコムトイより発売された『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』というブリキのロボットのシリーズのブリキの版の制作とパッケージデザインをやらせていただきました。

 上の写真は最初に制作された『ターミネーター2 ジャッジメントデイ』に出てくる『エンドスケルトン』のブリキのロボットです。頭部と手はソフビでできています。こちらは専門のモデラーの方が作っています。
(家にあったサンプルを自分で撮影してみました。バックはブリキ板です。)

 僕が作ったのは下にあるようなブリキの版下です。これをブリキに印刷してそれをブリキ工場で打ち抜き、プレスし、組み立てるとこのゼンマイ式のブリキのロボットができ上がります。ゼンマイをまくとジーコジーコと歩きます。
明日はこのロボットのパッケージデザインの話です。


ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ターミネーター2 エンドスケルトン ブリキのロボット 森俊憲

-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

ブリキロボット|版を作る

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲


 昨日の続きで、1998年に『メディコムトイ』から発売されたブリキのロボット『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』シリーズのブリキの版の制作とパッケージデザインのお話です。

 それで、ティンパタンナーとは何をするのかと言うと・・上の写真左はターミネーターのエンドスケルトンのブリキのロボットの胸の部分のラフ絵です。ブリキのロボットに直接僕が模様を描いた物です。言ってみれば出来上がりサンプルですね。実際の出来上がりは昨日の写真を見て下さい。これを元に左の1枚のブリキの板を作るのがティンパタンナーです。

 ブリキのロボットというのは、ブリキ工場(メーカー)さんが、印刷されたブリキの板をプレス機でプレスしてでき上がるものです。つまり、この出来上がり見本を見て、右にあるような『元の平らなブリキの板』に戻した物を作ると言うことなんですね。時間をさかのぼる仕事です(笑)しかもブリキは場所によって微妙に伸びるので、位置によって絵柄が変形します。左右対称じゃなかったりします。

 これははっきり言ってえらくめんどうで根気のいる仕事です。それもエンドスケルトンみたいな何回見てもよくわからないような複雑なデザインになると・・(笑)

 当時はこの複雑なデザインを歪みなく、前の胴体と後ろの胴体が合わさった時にズレが無いように、そればっかり考えて必死で線を引きました。最初は墨一色の線だけで印刷した物をブリキ屋さんがプレスして確認します。

 それが、プレスしてみたら最初から意外と良い線行ってたんですね。ホッとしました。
多少のズレを調整してもう一度、今度は4色の版を作ります。
下の写真をみてもらうとわかると思いますが、上の右の版は下の4色のインクの重なりでできています。(元のブリキの板は白が印刷されています)すべてベタの版なので網点は使っていません。この辺が自分なりのこだわりなんですが、あまり効果なかったかな(笑)

 当時、ブリキのロボットと言うと、懐かしくてちょっと手描きっぽい、ほのぼのしたデザインものが多かったのですが、なんだかわざととそういう『味』を出すものにしたくなかったんですね。今できる最高のブリキのロボットをつくろうと思ってました。まだ、若かったし。

 今見るとその機械的な線(デザイン)がブリキのロボットに合ってたかどうか疑問ではありますが。
もっと手描きのほのぼのしたエンドスケルトンでも良かったのかなーと・・(笑)


ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲

-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村

ブリキロボット|ノスタルジック・フューチャー

ブリキロボット メディコムトイ ノスタルジックフューチャー ティンパターン ティンパタンナー 森俊憲

(C) 1998 CANAL+ D.A. All Rights Reserved.
T2, TERMINATOR 2, ENDOSKELETON,
and the depiction of the Endoskeleton are trademarks of
Canal+ D.A. All Rights Reserved.

TM & (C) 1990,1998 Twentieth Century Fox
Film Corporation. All Rights Reserved.

(C)光プロ・東映
※写真はメディコムトイが発刊した書籍、『MEDICOM TOY CHRONICLE』より抜粋しています。


 これも相当古い仕事なんですが、1998年にブリキのロボットの版を作る仕事をやったことがあるのですが、今日はその話です。

 昔いたおもちゃ会社の同僚でO君というのがいるのですが、彼が当時メーカーとして手作りで作っていたフィギュアを販売していたのがこの『メディコムトイ』という、当時、新進気鋭の若いおもちゃメーカーでした。
 O君に紹介してもらい、作品を持って行き、若くておしゃれな社長に見てもらったのですが、3DCGのロボットのイラストを描いていたのを見て、ブリキのロボットをやるのでその版を作る仕事をやらないかという話をいただきました。

 ブリキのロボットのイラストは描いていたのですが、ブリキの版をどうやって作るかとかは全然知りませんでした(笑)でも、ブリキのロボットは好きでしたし、作ってる現場が見られるわけですから、できないと言うことよりやってみたいという気持ちが勝って、引き受けることにしました。

 そうやって苦労の末(笑)発売されたのが上のブリキのロボット(フィギュア?)『ノスタルジック・フューチャー・コレクション』シリーズです。手と頭の部分はソフビでできています。僕はブリキの部分の版の制作とパッケージデザインをやらせていただきました。

当時も、ブリキロボットを作る会社は日本でもそんなに数はなく それまで、あまりこういう外部からのデザイナーというか、版を作る人はいなかったんじゃないかと思います。いわゆるブリキ職人と言われるような人がいて、そういう人が専属としてやっていたと思います。
 このブリキ職人は、カッコ良く言うと『ティンパタンナー』と言うんだそうですが、当時も少なかったみたいですので、現在はやれる人がもうほとんどいなくなってるかもしれませんね。というか、製造できる工場がなくなりつつあるのではないかと思います。もったいないことですね。
明日もこのブリキのロボットの話が続きます。


-------------------------- イラストレーター&トイデザイナー|森俊憲 -------------------------

プロイラストレーターのブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると一票入りますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村